釣具を買取してもらう時の注意点

川釣具

リールのグリスアップを忘れずに

リールはロッドに次いで中古釣具買取店で高く買取してもらえる釣具です。

買取に出しに行く前に、このリールがきちんと動くかどうかしっかりとチェックしてから査定に出しましょう。

日頃からグリスアップなどの手入れを怠らずにしていれば、まったく問題は無いと思いますが、長い間使わずに放置していた中古釣具のリールは、動かなくなっている可能性も考えられます。

また、リールが回るかどうかだけでなく、もう一点注意してほしいことがあります。

特にスピニングリールの場合、ハンドルは回ってもラインローラーが回らないといったトラブルを起こしていることもあります。
隅々まで事前にしっかりとチェックしてから、釣具の買取査定に出すようにしましょう。

電動リールなどの場合は注意が必要

次に、リールの中でも海釣りなどで使用されることが多い、電動リールの注意点を紹介します。

電動リールに関しても、先ほど同様、中古釣具買取店に持ち込む前にリールが正常に動くかどうかのチェックはしておいてください。

それから、電動リールに使われている電池やバッテリーが切れていないかどうか、のチェックも必要となります。
充電をしないで査定に出した場合は、釣具買取店で充電をしてからの査定となり、時間も掛かってしまう上に、心象が悪くなってしまう可能性もあります。

また、万が一バッテリーが充電できないものとなると、買取してもらえない場合もありますので、しっかりと自分自身でチェックしてから中古釣具を査定に出すようにしましょう。

箱なども捨てないでおきましょう

中古釣具買取店での査定では、箱や説明書、または保証書も重要な査定額の対象となっています。

ですので、買ってすぐそれらを捨てず、しっかりと保管しておくことで、後に売却を考えたときには良い査定結果が得られるでしょう。

中古釣具を購入すると考えたとき、箱や説明書があるもとのないものがあった場合、やはり前者を選ぶ方が多いと思います。
その需要も買取価格に影響が出るのは当然のことといえるでしょう。

電動リールの場合は、それぞれ操作方法も機種によって違ってきますので、特に説明書が必要です。

また、なるべく新品に近い状態で査定に出すことで、買取額を上げること可能になります。

自分の使っていたものを、次に購入する方にも気持ちよく使ってもらおう!という心遣いそのものが、高額査定に繋がる正しい方法と言えるのかもしれません。